専門医制度

BIS 認定インプラント専門医制度暫定規定

  • 2015年1月26日制定
  • 2015年12月13日改定
  • 2016年2月24日改定
  • (目的)

    第1条
    本制度は、インプラント治療およびバイオマテリアルに関わる広い学識と高度な専門的技能を有する人材の養成 を図り、医療の発展ならびに国民のQOLの改善に貢献することを目的とする。
  • (認定)

    第2条
    バイオインテグレーション学会(以下、「本会」という。)は、前条の目的を達成するため、バイオインテグレーショ ン学会認定インプラント専門医(以下、「BIS 認定インプラント専門医」という。)を認定し、認定証を交付する。
    第3条
    本会定款施行細則第 22 条に基づき、認定医制度に必要な事項などを審議するために認定委員会(以下、「委員会」 という。)を置く。
    第4条
    1. 委員会は、理事長または会長が指名するインプラント専門医(以下、「委員」という。)10 名程度を持って構成する。
    2. 委員の任期は 2 年とし、再任を妨げない。
    3. 委員会委員長(以下「委員長」という)は、理事長が指名する。副委員長は委員会で決定する。
    第5条
    委員会は、下記の業務を行う。
    1. BIS 認定インプラント専門医の資格審査及び更新資格審査
    2. BIS 認定インプラント研究者の資格審査及び更新資格審査
    3. BIS 認定インプラント衛生士の資格審査及び更新資格審査
    4. BIS 認定インプラント技工士の資格審査及び更新資格審査
    第6条
    1. BIS 認定専門医の認定のため試験を実施する。
    2. BIS 認定インプラント専門医試験は認定委員会で行う。
  • (インプラント専門医の申請資格)

    第7条
    1. BIS 認定インプラント専門医を申請する者は、申請時に下記の各号全てに該当していることを要する。
      • 1) 歯科医師または、医師の免許を有していること。
      • 2) 3年以上継続して正会員で会費を納入していること。
      • 3) 教育研修講演会を5回以上受講していること。
      • 4) BIS学術大会に3回以上参加していること。
      • 5) BIS認定指導医2名の推薦が得られること。
      • 6) 1回以上本学会で発表をしていること。(共同演者としての発表でも可)
      • 7) 下記の要件を満たしていること。
      • (1) 20 症例以上のインプラント治療を行っていること。ただし、補綴装置装着後 3 年経過症例の資料(パノラマエックス線写真など)の提出が必要。
      • (2) 本学会誌に掲載されていること(共著でも可)。他の学会誌でも可であるが、その可否は委員会で決定するものとする。
    2. 前項に関わらず、委員会が申請資格を有すると認めた者。
    第8条
    1. BIS 認定専門医は 5 年毎に資格の更新をしなければならない。更新を申請する者は下記に該当することを要する。
      • 1) BIS 学術大会に有効期限5年間に3回以上参加していること
      • 2) 教育研修講座を5回以上受講していること。
    2. 更新の可否は、更新申請書をもとに委員会において審議し、理事会の議を経て決定する。
  • (BIS 認定インプラント専門医の資格喪失)

    第9条
    BIS 認定インプラント専門医は、下記の各号のいずれかに該当する場合には委員会、理事会の議を経てその資格を失う。
    1. 資格を辞退したとき。
    2. 本会の会員資格を失ったとき。
    3. BIS 認定専門医の資格の更新を怠ったとき。
    4. 第8条に規定する更新条件が満たされなかったとき。
    5. 認定委員会で専門医・指導医として不適当と認めたとき。
  • (補則)

    第10条
    1. 本規定を改正する場合には、委員会の議を経て理事会の承認を得なければならない。
  • (附則)

    1. 本規定は、2016年3月14日から施行する。